2009年5月アーカイブ

 前回の書き込みからほぼ一月が経過してしまいました。とりわけ5月に入ってから、このブログを開設しているサーバの移転作業に伴う不具合が生じ、アクセス自体ができなくなっていました。ご不便、ご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

WEコラボ・ブログが消えた≒加瀬が消えた(事故・疾病・行方不明)!?

ということはございません(笑・・・って下さいね)!。

さて、今回はまとまった成果報告をできる段階には至っていないのですが、<万障お繰り合わせの上、是非ご参集下さい!2009>の第一弾として、日本学校ソーシャルワーク学会を紹介します。

◎日本学校ソーシャルワーク学会in東京学芸大学

 来る7月4日(土)、5日(日)の二日間にわたり東京学芸大学でスクールソーシャルワーク(SSW)のフロンティアを学びあう日本学校ソーシャルワーク学会第4回大会が開催されます。大会の詳細は次のリンクからご覧下さい。小生らも東京学芸大学SSW研究会として行った小金井・小平・国分寺3市の小中学校における<子どもの問題>の実態とSSWに対する評価に関する調査研究結果を二日目の午前中に報告します。

日本学校ソーシャルワーク学会第4回大会 http://www.jssssw.com/meeting.html

小金井・小平・国分寺3市調査発表要旨  SSW2009_KaseResume.pdf 

今回の調査等を通して、改めて<子どもの貧困>という問題の大きさ、厳しさを痛感しています。学習の遅れや行動の偏り、不登校など子どもが示す問題の背景には、子どもの<障害>や<交友関係力不足>のみならず、<親の養育力不足>が指摘されますが、この養育力不足自体が親の自己責任ではなく、構造的な排除によって生み出されてくる・・・なかなかタフな課題ですが、WEコラボ研究として正面から取り組まなくてはならない、との想いを強くしています。

 遅まきながら、貧困の学習も始めています。特に夜間開講の大学院演習は少人数ですので、もし参加されたいという方がいらっしゃいましたら、ご相談下さい。また、資料等がまとまりましたら、このブログにアップします。

大学院2009前期演習:<子どもの貧困>は今?(4~7月・毎週火曜・19:40~21:10) 

 阿部彩さんの『子どもの貧困(岩波新書)』をテキストにして、NHKのドキュメント番組や各種新聞情報を集めつつ、まずは基本的事実関係を知り、課題や戦略の提言を学ぼうとしています。場所は小生の研究室隣の教育ゼミ室です。

 これ以外にも今年度は9月の日本特殊教育学会で障害児性教育ハンドブックづくりの自主シンポを企画するなど、少し幅を広げたWEコラボ研究を推進していきます。日程等が確定次第、順次お知らせしていきます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。