WEコラボ研究2009、スタート。

◎ WEコラボ研究2009は厚生労働省「平成21年度障害保健福祉推進事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)」の指定を受けて進めています。

 

今年度のキーワードは<発達障害>と<相談支援>

 気がつけば2009年度第一四半期も今日で最後。ブログの更新もすっかり滞っていましたが、テンプレートも一新して、元気に行進/更新してまいります。よろしくお願いいたします。

 さて、ご報告です。厚生労働省に申請していたプロジェクト研究が採択されたとの内示を頂きました。今年度のテーマは「発達障害者を対象とした相談支援事業のあり方に関する研究」。大きな目標は市町村の相談支援体制に発達障害者支援をしっかりと組み込むためのモデルを提唱することにありますが、具体的な作業課題をどのように設定するか、詰めの作業を行っているところです。今夏にはプロジェクトが動き出せるようなスケジュール感で。

 取り組みたいタスクは数えきれません。発達障害者を対象とした場合の相談支援専門員に求められるスキルは何か、どのように研修を組むのか。相談窓口にアクセスできないでいる当事者や家族、とりわけ義務教育段階をスルーした潜在的な要支援者とどうすればリンクできるのか。当事者や家族が相談してみようと思えるようなコンテンツには何が必要か。<個別支援計画>にどのようにつないでいくのか。居場所づくりや就労へのステップアップをどのように進めていくか・・・・・。WEコラボ2008でも「これからの課題」と語り合っていた内容に直球勝負することになったな、という感を強めています。皆さんに応援を頂くことになります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

<ご案内>

◎このブログにもアップしているWEコラボ2008研究報告書をベースにしながら、新たな書き下ろしや現地ルポ、WEコラボを成功させるための秘訣!?を盛り込んだ本づくりが形になってきました。今夏には出版予定です。お楽しみに!

◎全日本特別支援教育連盟機関誌『特別支援教育研究』8月号では特集「地域で豊かに学ぶ~教育・福祉・労働・地域との連携~」が組まれます。小生も<個別支援計画>を手がかりにした小論を寄稿しました。少々フライング気味ですが、原稿をPDF版にしてアップしておきますね。

tokubetsushienkyouikukenkyu200908.pdf

◎来る7/4-5,東京学芸大学で日本学校ソーシャルワーク学会第4回大会が開催されます。教育と福祉の協働を考え、学びあう絶好の機会です。当日参加も可能ですので、ぜひお越しくださいませ。