「教育機会確保法」成立

新たなステージに歩みだすためにこそ

2016年12月7日(水)。「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」~通称「教育機会確保法」が成立しました。

この法律については賛否両論です。僕は成立推進派の立場をとってきましたが、フリースクールをはじめとする「多様な学び」、並びにそれを保障する制度政策として十分なものであるとは考えていません。しかしながら、「附帯決議」をしっかりと実現していく道筋の先に、新たなステージを見通したいとの想いを強めています。

とはいえ、何事もこれからです。今年度の前期に新たな授業「多様な学びと子ども支援」を開設・運営し(奥地圭子先生が非常勤講師)、「知る・出会う・共にする」ことの大切さを学生諸君とともに痛感しました。

「多様な学び」の場と、そこで学んでいる人々(当事者・スタッフ・支援者・地域住民等)をもっと知り、出会いを求め、あらたなステージに向けたなにごとかを共にしていきたい。

新聞報道等と並んで、取り急ぎ、ご報告まで。

附帯決議(確定)はこちら⇒kakuhohou_hutaiketsugi.pdf

追伸>
教育機会確保法成立を受けて、緊急集会を開催します。
 とき:2016年12月24日(土)
 ところ:早稲田大学戸山キャンパス 33 号館 3 階第一会議室
詳しくはこちらへ20161224.pdf