WEコラボの最近のブログ記事

死ぬことと、生きること

気がつけば酷暑の日々・・・あっという間に春学期が終わろうとしています。

先ほどの授業「社会福祉原論Ⅰ」で、今年もドキュメント「ニューヨークのマリア」を視聴しました。キャリアウーマンだったマリアがALSに罹患、気管切開はしない決意、離婚したアメリカ人ボブにお別れを言うための再訪・再会、再会直後に体調急変・・・第29回ATP賞テレビグランプリ2012-ドキュメンタリー部門最優秀賞を受賞した作品です。

社会福祉原論Ⅰでは様々な映像資料を視聴します。ここ数年、最後の3回を「夢をかなえる」シリーズとしていますが、今年は「重症心身障害者に旅を贈る」、「車いすのアスリート達」、そして改めてマリアのドキュメントにしました。

学生のリアクション・ペーパーの中から、一つだけ紹介したいと思います。

◎・・・社会福祉的な視点から言えば、今回のビデオについての感想は「どんな困難に陥っても助けられるような社会を作らなければならない」というものだろう。今までの授業で私が感じてきたことは、多少違いはあれど、これに類するものであった。しかし今、私は「困っているの人の願いを叶えたい」という衝動に駆られている・・・(中略)・・・現実や理論も確かに重要だが、人々に向き合い続けようとする心は、忘れられがちでありながら、最も大切なのではないだろうか。

このシリーズの中で、学生諸君には「一人の、一つの夢をかなえるプロセスは、たくさんの人の夢をひきよせる」というメッセージを贈り続けてきました。そんな想いが伝わったようで、心静かに、うれしく思っています。

1年前のブログと比べて、僕自身が少しは成長しているでしょうか・・・(^_^;)。

僕はマリアさんと直接の面識はありません。でも、この映像と今でもアクセス可能な彼女のブログを通して、マリアさんと時折、話しています。心を打たれた人の死~それは直接知っている、知っていないにかかわらず、その人が自分の心の中で生き続けていくこと。亡くなった「その人にとってのその人の生」を生きることは僕にはできず、「その人」との関わりの中で生きていくのが僕だとすれば、「その人」が生身として生きて自分の前にいることと、死して自分の中に生き続けることはつながっている。

こうした素朴ともいえる認識にようやく辿り着けた、と実感する今日この頃です。だとすれば、自分の生死は必ずしも周囲の人々にとっての生死を意味しないのではないか・・・。

さて、次回のアップがいつになるか自分でもわかりませんが、最近、「自己責任論の生成と教育」という問題を考え続けています。

DSC01371.JPG


暑い夏が来ました。くれぐれもご自愛下さい。
<訃報>
佐藤 実くん、2015年3月14日逝去。菩提寺川口市実相寺にて4月3日(金)午後2時より本葬。

このブログで発信する内容ではないかとも躊躇したのですが、他に都立白鴎高校、同ブラスバンドOBの皆様にコンタクトをとる手立てがありませんでした。もし、このブログを見ていたら、是非、連絡のつくかぎり、この件をお伝え下さい。

旭化成系列の旭シュエーベルで尽力されてきた彼は、小生にとって唯一といっていい生涯の友でした。彼はチューバ、小生はトロンボーンで学生時代を過ごし、社会人となってからはメールで新譜CD,復刻CD話題で盛り上がり~彼は圧倒的と言えるほどクラシック音楽に精通していました~、年に一、二度再会するときには泊まりがけで音楽を聴き、少年のように無邪気なひとときを過ごせる大切な人でした。

とにかく急なことだったとのことで~小生も彼とはこの1月に、春には再会の宴を楽しもう、とメールをしていたところです~ご家族からご丁寧な連絡を頂戴したのも、つい数日前のことでした。

「二度と会えないのは哀しい現実だけれども、今まで一緒に生きてきて・・・これからも一緒に生きていく・・・共に、友として生きる」、そんな境地に果たしてたてるのかどうか・・・。

刻まれる時は黄昏にさしかかり・・・一日一日を大切にしながら、そう遠くない佐藤くんとの再会の日を心静かに迎えたいと想っています。

<追伸>
佐藤くん、ここはやっぱりブルックナーにシベリウスだよねぇ。昨日は頂いた音源から交響曲3番、4番、6番、8番と聴き、ラフマニノフのヴォカリーズをはさんで、ウォッカを飲みつつシベリウスの交響曲7番で締めくくりました。ありがとう。もう少し、待っていて下さい。 加瀬拝

2013年11月10日(日)13:00~学芸大へお越し下さい!

ご無沙汰の加瀬です。連日の講習会の8月、締め切り過ぎた原稿5本と格闘した9月を経て(^_^;)、ようやくブログ更新が可能となりました。

さて、前回の総会報告につづき、学芸大で学習会を開催することになりました。多様な学びの場の実際とこれからのありようについて、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、学校教員とともに考える集いです。ぜひ、ご予定下さいませ。

20131110_TGU.JPG

 

画像クリックで拡大表示されます!

なお、16:00スタートのパネル・ディスカッションの登壇者は次の通りです。

 

竹村 睦子氏
(独立型社会福祉士 町田市教育委員会スクールソーシャルワーカー)

宮下 佳子氏
(東大和市立第一小学校&同市サポートルーム(適応指導教室)スクールカウンセラー)

池田 和幸氏
(三宅村立三宅中学校主幹教諭)

中村 国生氏
(「実現する会」事務局長&NPO法人東京シューレ事務局長)

 

 

 

<近況報告>

◆厚労省の生活困窮者自立促進支援モデル事業にかかわる調査研究「子ども・若者の生活困窮支援に関する取り組み実態調査」等をスタートさせています。年度後半後期にご報告できるかと。

◆多分野連携の自主ゼミ、少しずつ開始。ソーシャルワーク、カウンセリング、養護教育、特別支援教育を学ぶ学生達に集まってもらい、同じ実践やテーマをそれぞれの立場から観察・学習し、相互理解を深めあおうという狙いです。先日は要医療ケアのちびチャン達をささえる事業所「ほわわ(墨田区)」に行ってきました。学生レポートが集まり次第、紹介していきますね~。

◆歌舞伎界には悲しい知らせが重なっていますが、人間国宝の皆さんと若手の皆さんを応援すべく、歌舞伎塾も推進中です。10月、11月は吉右右衛門と仁左衛門。見落とすわけにはまいりません(^^)/。三階席からも花道七三がよく見えるようになりましたので、ぜひ、皆さんもご覧下さいませ。

 

ご無沙汰しておりました~~~(^^)/

ブラウザがIE10に自動更新され、ブログを作成しているソフトMovable Typeのインターフェイスが変わってしまい、「わからない~~~~、こわれたかぁ~~~」とぐったりしておりました。が、研究プロジェクトのHP作成・管理でお世話になったアクシー株式会社/村上晴美さんのナビで、ようやく迷宮から脱出できました。たまった情報を順次アップしてまいりますので、改めてよろしくお願いします。

 

1DSC_0771.JPG

 

この写真に意味はありません(笑)。

作成テストであります。

ちなみに積丹半島で撮影した

「積丹ブルー」と称される海の風景でした。

 

 

 

頼りになるアクシー/村上さんへのアクセスはこちらです。 → http://axiy.jimdo.com/

 

 

新しい年度を迎えました。卒業生にはエールを、入学生には歓迎の意を、在校生には叱咤激励を贈ります(^^)/。また、この研究室ブログを見て下さっている皆様には、改めて謝辞とエールが届くよう、今年度こそ、頻繁なブログ更新を誓います(^_^;)。

フィービ・スノウ(Phoebe Snow)をご存じですか?

さて、短い春休み中、ネットでかつてLP(アナログレコードのことですよ~)で持っていたディスクのCD版をいろいろと検索していたら、フィービ・スノウが2011年4月26日に亡くなっていたことを知りました。

ご存じですか?フィービ・スノウ・・・・。

1950年、アメリカ生まれのシンガー・ソング・ライター。1974年にリリースした1stアルバム「Phoebe Snow」がミリオン・ヒット。バックにテディ・ウィルソンやズート・シムズといったJAZZの名プレーヤーを配した、ブルースとも、ジャズともいえる素敵なアルバムで、少し(かなり?)背伸びしていた中学生の小生にとって「大人な」ディスクの代表でした。その後数枚のアルバムを出しますが、あまり名前を聞かなくなり、青春の思い出になっていた女性シンガーです。

 

442[1].jpg

 

 

 

左が1stアルバムの写真です。

邦題では「サンフランシスコ・ベイ・ブルース/ブルースの妖精フィービ・スノウ」となっていました。

HMVやタワレコでCD購入可能です。静かなジャズ・ヴォーカル、ブルース系がお好きな方は是非。

 

 

 

 

昨今のウェブ情報は大変なものがありますが、彼女の音楽活動がさほど広まらなかった理由の一つが娘さんの養育と介護にあったそうです。1975年12月にうまれた娘さんヴァレリー・ローズ嬢は重度重複の障がいがあり、施設に預けず、自分で/地域社会の中で育てることを選択したフィービは次第に音楽活動から離れたとのこと。娘さんは2007年に31才で逝去。最後までフィービは娘を自宅で育てたそうです。

1970年代のアメリカは脱施設化運動がようやく始まった段階でした。もし、今だったら・・・?子育てとシンガー・ソング・ライターの両立が可能だったのではないでしょうか。1stアルバムでグラミー賞8冠に輝いたノラ・ジョーンズの先駆者になっていたかもしれません。

ノーマライゼーションとはただ、地域で、障がいのある当事者が寂しく暮らすことであってはならない。本人と家族がそれぞれの人生を謳歌できること。そんな想いを強くした次第です。

 

「関係性」をはぐくむことの意味

ここ数年の後期、隔週2コマ連続で目白大学大学院の夜間講義「地域福祉政策特論」を担当させて頂いています。試行錯誤の連続ですが、3.11を受け、復興すべき、創りあげるべき地域とは何か、ということをもう一度考えたくて、内山節さんの『ローカリズム原論』の読み合わせを行ってきました。

Blog20130201_1.JPG

 

 

群馬県上野村に居を構えつつ、地域・共同体について日本のありようから考える、平易で深い洞察に、多くの刺激を受けてきました。

 

その中でも、特に「関係性」をはぐくむことの意味を、単に生きやすく、暮らしやすくする手段として、機能として捉えるのではなく、生きることそのもの、と捉える必要性に関する主張に強く惹かれてきました。

 

昨今、「主体的に生きる」「主体性を育てる」といったことが教育、福祉の領域でもよく語られますが、その本質は何か?となるとなかなか難しく捉えがたい。しかし、内山さんは主体とは個人の中に存在する何か、把握できる特定の何かではない。主体・私とは「関係性の総体」である。例えば「自己紹介」を考えてみると、本当の「自己」を捉えての自己紹介は困難であるが、どのような「関係性」の中で生きている人間か、ということは確実に伝えることができるから。という論旨で説明してくれています。

実はこの論旨に強く共感しながらも、あと一歩、つかみきれない「何か」を感じていました。そんな中、受講生の河村さんという学生が、まったくの偶然で西蓮寺ご住職が出されている「ことば こころのはな/No.172」を持ってきてくれ、山崎まどかさんという方の(当時小学校6年生)次のような詩を紹介してくれました。目からウロコが落ちる想いとはまさにこの詩を読んだ瞬間の感動でした。

 

人間は、生きるために

にわとりも殺さなくちゃいけないし

豚も殺さなくちゃいけない。

生きているってことは

ずいぶん迷わくをかけることなんだ。

自分で自分のことを全部できたら

人は一人ぽっちになってしまう。

他人に迷惑をかけることは

その人とつながりをもつことなんだ。

他人の世話をすることは

その人に愛をもつことなんだ。

生きるっていうことは

たくさんの命とつながりをもつことなんだ。

 

いかがですか。小生は感動もし、脱帽もしました。関係性に生きることの意味、本質を実に平易かつ明確に言い表してくれていると思います。これからしばらく、この関係性に生きることの意味を大切にして研究、教育に励んでいきたいと強く思った次第です。

なお、「ことば こころのはな」は次のブログで読むことができます。是非。

→ http://sairen99.cocolog-nifty.com/

 

 

久々に疲れを感じなかった二日間のフォーラム

 「あのセッションは無くても/聞かなくてもよかったなぁ・・・」という感想が一切わかなかった、参加しがいのある、学びがいのあるフォーラムでした。通底するテーマは社会福祉法人むそう理事長の戸枝くんが目指す「発達保障と生涯保障」/ノーマライゼーションですが、行動援護ハウス(国土交通省/行動援護対象者向けケアホーム等のバリアフリー改修事業)の成果報告、あおぞら診療所・訪問看護ステーションそら等とのコラボで始まる在宅小児医療・看護・福祉の展望報告を基軸に、生きること、暮らすこと、共に死を迎えることの意味を深く考え、共鳴しあう時間となりました。

小生も日本リハビリテーション協会国際部長の上野悦子さん、株式会社公共経営・社会戦略研究所主任研究員の露木真也子さんと一緒に、CBRや社会イノベーションの意味を検討するセッションで、何をしてきて、何をしようとしており、何をすべきなのか、確認することができました。

 

Fuwarinclusion_2013 (1).JPG

 

言い訳をせずに、制度を活かして、しごと・すまい・たのしみ等を創る

 

言い訳をせずに、制度を活かすための、人材を育てる

 

共に生き、共に安らかな死を迎えることができる、地域社会のつながりを創る

 

 

 

戸枝くんやそれより若い世代に触発されつつ、大学という蛸壺にはまるのではなく、教員養成大学でありつつも、ソーシャルワーカーやカウンセラーなど多様な専門職を養成しているホームグラウンドで真剣勝負をしようと準備しています。アウェーでいい気にならない。有名な人、高名な人との出会いは大切にしながらも、「あの人のこと、よく知ってる」というスタンスで自分が有名・高名になった気分にならない。大学1年の段階から、多くの職種を目指す多様な人々とのコラボ学習に向けて、がんばろうと再認識しました。

下の写真は新しいスタッフ@ほわわ(社会福祉法人むそう系列)となる教え子二人。あわせて、本年もよろしくお願いいたします。

 

Fuwarinclusion_2013 (13).JPG

   Fuwarinclusion_2013 (43).JPG

 

<Becoming>と<Being>の差異に想う 

被災者になる(becoming)可能性の差異は小さく、被災者として存在する/生きる(being)か否かの差異はあまりにも大きい。初めて東日本大震災の復興支援ネットワークにアクセスする機会を得て、学生ともども、深く、深く、胸に刻むことになりました。

20121102 (18).JPG

 

大川小学校の献花台にて。

2台の車にわかれて視察に連れて行ったいただいた学生諸君と。

この後、30分以上、車中で言葉もなく過ごしました。

 

 

 

 

20121103 (7).JPG

 

 

左側の支柱は、津波の波高<6.9m>を示しています。

本来は港まで見渡せない門脇地区ですが、一面の平地。残るのは住宅の土台、ひしゃげた鍋など。

この地に立って、ようやく津波の高さ・威力に対する実感が「無かった」ことを痛感させられました。

 

 

例えば「行ってきまーす」「行ってらっしゃい」のまま、永遠に親と別れることになった子ども。仲良くなった自衛隊やボランティアの人と再び、三度の別れを経験するつらさ。

例えば、流されてくる人を助けに助け、自らが低体温症で命を失った人。その彼の最後を自分の膝枕で送った妻の、「最後は私の膝枕で逝ったから、良かったんじゃないかしら」という語りの重さ。

「でも、みんな、元気でしょう?!来てくれること、知ってくれることが大切。できることはたくさんあるから」という言葉をかみしめて、これから、改めて、できることをしていきたい。息長く。学生諸君と様々な思いを深めた4日間でした(2012年11月2~5日)。

改めて、また。

 

オルタナティブ教育法を実現する会・設立総会

保護者が子どもに「9年間の普通教育を受けさせる義務」を果たそうとした際に、学校教育法が定める学校だけでなく、フリースクール等における就学ももう一つの選択肢(オルタナタィブ)として認める法律をつくろうというムーブメントです。小生も発起人の一人として、末席に加えさせていただいております。ぜひ、ご参集ください。

日時:2012年7月8日(日)13:30~16:30

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

申し込み・詳細 → http://kokucheese.com/event/index/40521/

 

性教育と思春期を考える「第8回ネットフォーラム」

東京学芸大学附属特別支援学校と東京学芸大学特別支援科学講座が中心となって、広く学びの場をひろげようと取り組んできたネットフォーラム。今年は障害児性教育GB&オリジナル・イラスト集の開発報告と、障害のみならず、様々な困難の中に置かれている思春期の子どもたちに対する支援の実際と課題を考えるフォーラムを企画しました。お待ちしております。

日時:2012年8月9日(木)13:30~17:00

場所:東京学芸大学附属特別支援学校(東久留米市)

申し込み・詳細 →  Netforum20120809.pdf

Netforum20120809_P2 (2).jpg

Netforum20120809_P2 (1).jpg

 

 

オフェンス・ライン俊平のラスト・ラン

中学ではソフト・テニスに興じ、ヒョロッとしていた長男・俊平。何を思ったのか進学した都立戸山高校ではアメフト部に入り、2年余りで20㎏のサイズ・アップに成功。ディフェンスからオフェンスにかわり、相手をおさえるOLとなりました。必至に食べ、筋トレを繰り返すという、姉二人、妻と私も驚くようなこれまでの高校生活ぶり。

そして3年生となったこの4月、第38回・関東高校アメリカンフットボール大会予選・東京都大会では3回戦まで進みました。が、優勝候補の一つである早大高等学院に第2クォーターまで7:7と善戦したものの、後半は力負けし、結局28:14で残念ながら敗退。写真のように、応援に駆けつけたOB・家族席の前では顔も上げられないほどの号泣・・・。ファインダ越しに小生ももらい泣き(^_^;)・・・でも「あ~、青春してるなぁ。素敵な高校生活をおくれたなぁ。」ととても嬉しい気持ちになったのも確かです。

LastRun_20120429.JPG LastRun_20120429.JPG

 

 

中央75番が愚息・俊平です。目を真っ赤に腫らして帰宅後、「皆、一人じゃ今夜絶えられん、ってことになったので、夕飯食べたら泊まりに行く・・・」と大きなおうちに住まわれているアメフト仲間の家へ。14,5人集まったそうです・・・。

 

 

 

<オルタナティブ教育法を実現する会>

俊平の予選が進む一方、NPO法人フリースクール全国ネットワークが進めてきた標記実現する会の「発起人会」が正式に開催され、小生もその一員として参加してきました。詳細は改めてとさせて頂きますが、例えば学校教育法で定められる高等学校、中等教育学校では学習も、俊平ラストランのようなアメフト青春も自分のものとできなかったが、「学校」以外の学びの場では、充分に学習も青春も我がものとできている子どもたちとそれを実現している学舎がある。そこにおける教育を(初等・中等)普通教育として認め、公教育として位置づけようというものです。ここ数年、スウェーデンのリソース学校や不登校に関心を寄せてきた小生としては、大きく賛同するところであります。

しかしながら、一方で、自分自身が「学校教育」という枠に強くとらわれているということを実感するのも事実です。上の写真が象徴する、子どもに保障すべき広義の、本質的な教育は、できれば、可能な限り学校教育法が定める「学校」が保障できるよう、「学校」を改善すべきだ、という発想が直ぐに出てくるわけです。しかし、それが「すべての子ども」に実現できずに数十年たっているという現実がある。

教育を保障すること、学校教育を保障すること。このことにもう一度、自分を写しだし、照らし合わせてみようと思っています。因みに<実現する会>の設立総会は7月8日(日)です。ぜひ、ご予定下さい。